物流の現場 物流ストーリー

【定温倉庫】15℃~25℃の温度帯に対応|BCP対策も万全な物流拠点

企業にとって様々な突発的事象に対応するリスクヘッジ能力が益々求められる時代になってきました。中小企業庁では、企業へ積極的なBCP(事業継続計画)の導入を求めています。今回は、アスト中本の関西に於ける物流拠点であるBCP対応型倉庫「あゆみのロジフォレスト」の特徴と、定温倉庫を活用した「流通加工」についてご紹介します。

関西の物流拠点「あゆみのロジフォレスト」

耐震設備と最適な交通アクセスが備わったBCP対応型倉庫

物流なくして今の社会生活を支えることは不可能といわれる現代。この動脈とも言える物流が断たれてしまうと、日本に限らずグローバルな経済活動までもが、大きな損害を受けてしまいます。アスト中本では、この動脈である物流をストップさせない、BCP対応の災害に強い物流センター「あゆみのロジフォレスト」を2017年3月に開設しました。関西国際空港、大阪港から車で約30分。泉北1号線、国道170号線(大阪外環状線)など複数の幹線道路に隣接しており、関西エリアの物流拠点としては最適な立地条件です。また建築基準法に定められている1.25倍の耐震基準を満たした耐震構造と、海抜81mの内陸高台に位置することで巨大津波にも耐えうる、企業のビジネスを守る重要な拠点となります。

定温倉庫とは?

製品の品質に大きく関わる温度管理

定温倉庫とは、庫内温度を10℃以上の一定温度に整備された倉庫です。温度は一般的に10~20℃まで調整できる倉庫が多く、倉庫業法施行規則においては、10℃以下に保管される冷蔵庫を除いた倉庫を指します。

アスト中本の定温倉庫は15~25℃で管理されており、温度変化によって結露が起こると支障をきたす精密機械、温度変化によって風味や味の変化を受けやすい食品や、高温や低音に弱い薬品・化粧品などの保管に適しています。さらに倉庫内の一部は、停電時においても非常用ジェネレーターで定温機器を維持することができます。また、定温倉庫以外にも1~30℃で室温管理ができる空調付き倉庫も設けてあり、季節に適した温度管理による保管が可能です。倉庫内の入退室時にはエアシャワーを行うことで、倉庫内の衛生管理が保たれています。

 

BCP対応型の倉庫である理由

万が一に備えることで災害時のリスクを軽減できる

これまで物流業界では、作業の効率化やコスト削減を優先するばかり、保管場所の分散を避け、倉庫の集約化や統合によるコスト削減が重視されてきました。しかし昨今では異常気象の影響を受け、想定外の自然災害にみまわれるリスクが高くなってきました。さらに今後、予想される南海トラフ地震やその他の災害、テロや人的な脅威も見過ごせない状況にあります。しかし、このような緊急事態に遭遇した場合であっても事業資産の損害を最小限にとどめながら、中核となる事業の継続、早期復旧を目指す必要があります。そのための方法や手段を取り決めておくBCP(事業継続計画)を策定し、導入する企業が増えています。

このような背景から、アスト中本のBCP対応型の物流センター「あゆみのロジフォレスト」では、災害時に備えた非常用電源装置・太陽光発電設備と自社給油スタンドを完備し、さらに独自のデータバックアップシステムによって、お客様からお預かりしている貨物の入出荷や在庫情報などをデータ管理する体制を整備しています。また、4トン車から大型車・けん引車などの車両を保有し、自社車両による輸送体制も確保。さらに災害時の社員の安否確認システムを導入しており、緊急時にも迅速に人員を確保。物流をストップさせない輸送体制が整えられています。

 

多様なニーズに応える流通加工

昨今の傾向として、これまでメーカーが行ってきた値札付けや包装、検品などを物流センターが「流通加工」を行うことが一般的となってきました。メーカーはそれらの業務を外部に委託することで生産性のアップやコストダウン、リードタイムの短縮ができるといったメリットがあります。また物流センターも製品を倉庫に保管する業務だけでなく、流通加工を行うことでクライアントの抱え込みができるというメリットがあります。

アスト中本でも製品の保管だけでなく、幅広い流通加工に対応しています。例えば、定温倉庫でのチョコレートの二次包装やBtoC向けの製品のピッキング、梱包、配送などです。また医療機器製造業許可、化粧品製造業許可を取得し、医療機器や化粧品の分野に於いても包装、表示、保管といったサービスの提供が可能です。また、輸出入に必要な手続き全般はもとより流通までワンストップでサポートする物流コンサルティング、物流アウトソーシング(3PL)にも対応するなど、創業から100年、物流業界で積み上げてきた知見と経験、独自のノウハウで様々な要望に応えています。

 

倉庫見学のご案内

災害に強い、BCP対応型倉庫「あゆみのロジフォレスト」では倉庫見学を行なっています。あゆみのロジフォレストの3つの強味、『安心の耐震構造設計と内陸高台の立地有事の際でも必ず届ける輸送体制分散によるリスク回避をサポート』、をご自身の目で確かめてみませんか。お問い合わせはこちらです。

株式会社アスト中本 ロジスティクス営業部

〒556-0004
大阪府大阪市浪速区日本橋西1丁目2-5 Aiビル3階
TEL: 06-6633-0077
お問い合わせフォームは以下から

お問合せはコチラ

 

 \この記事はどうでしたか?/

おすすめ記事一覧

1

「物流手帖」の記事でも度々取り上げていますが、製造業や小売業などの物を動かしてビジネスが成り立っている企業にとって、物流のリスクマネージメントは必須です。 今後30年以内に地震発生率がおよそ70%と予 ...

2

BCP(Business continuity planning 企業継続計画)をすすめている企業はたくさんあると思います。 大災害に直面したとき物流はどの様にして動くのか!? 先の大震災でどのような ...

3

貨物を輸出する時、必ず作らなければいけないインボイスとパッキングリスト 単なる請求書でしょ!と思わないでください 貿易では税関での審査をそれぞれ出す国と入る国で行わなければなりません。 それぞれの国で ...

-物流の現場, 物流ストーリー

© 2020 物流手帖