日本の物流ニュース 物流BCP 物流ニュース

関西最大!医薬・化粧品の専門技術展、インターフェックス大阪 2月20日(水)~22日(金)に出展します!

インターフェックス大阪って?

インターフェックス大阪は、医薬・化粧品業界関西最大の専門技術展です。

製剤設備、測定・分析装置、検査機器、クリーン製品、包装機械・資材、受託サービス、IT、物流サービスなどあらゆる関連企業が一堂に出展。

医薬・化粧品・洗剤・化学メーカーの方にとっては見逃せない展示会です。

インターフェックス大阪公式H.P

商談や技術相談はもちろん、製薬会社による基調講演をはじめ、次世代生産、AI投薬など80の講演や出展社による製品・技術セミナーも多数開催されます。

私たちアスト中本は、物流の専門企業として「輸送・保管ゾーン」にて出展します。

初の出展ということもあり、新たな出会いを楽しみにしています。

ただいま、展示会に向けて準備中。当社のブースを少しだけご紹介しましょう。

「災害に強い物流サービス」 

化粧品・医療機器を災害に強い倉庫でしっかり保管します!

当社では、和泉市で災害に強いBCP(事業継続計画)対応の物流センター「あゆみのロジフォレスト」を2017年に開設し、運営しています。

製造業や小売業など「物」を動かして成り立っているビジネスにとって、「物流が止まる」ことは「ビジネスが止まる」ことを意味します。

自然災害などの緊急事態にも、損害を最小限にとどめ、安全・迅速にビジネスを継続させる「物流」を提供しています。

アスト中本の「災害に強い物流」とは?

インターフェックスでは、当社の“安心・安全な強固な倉庫”“地震や水害などに強い物流サービス”について、皆様に広く知っていただきたいと考えています。

阪口
万全の輸送体制を整えた、先進の物流拠点とあゆみのロジフォレストの全貌を紹介します。ぜひご覧ください

化粧品・医療機器の物流サービス

化粧品・医療機器の取り扱いを開始いたします!

当社では、2014年9月に医療機器製造業許可を取得しました。

また、化粧品製造業許可(包装・表示・保管)も本年1月初旬に取得いたしました。

創業100年、長年培った物流のノウハウは、化粧品・医療機器の分野においてもお役に立つことができると、担当者一同張り切っています。

「自社倉庫の物量があふれている」「物流作業に人的リソースを取られている」「保管コスト・物流コストを軽減したい」など、物流や保管の課題に対して、現状を分析し、事業の改善につながる「物流」を提案いたします。

また、上記「災害に強い物流サービス」に加えて、当社の強み「海外からの輸入品も窓口一本化で対応が可能」を活かした、物流コンサルティングも承っております。

阪口
化粧品や医療機器の製造に特化した体制作りのご提案ができればと考えております。物流や保管に関するお困りごとがあれば、なんなりとご相談ください
阪口
詳しくは展示会場にて! 皆様のご来場をお待ちしております。

▼出展社ページ▼
招待券(無料)請求・アポイント申込みはこちらから

 

 \この記事はどうでしたか?/

おすすめ記事一覧

1

「物流手帖」の記事でも度々取り上げていますが、製造業や小売業などの物を動かしてビジネスが成り立っている企業にとって、物流のリスクマネージメントは必須です。 今後30年以内に地震発生率がおよそ70%と予 ...

2

BCP(Business continuity planning 企業継続計画)をすすめている企業はたくさんあると思います。 大災害に直面したとき物流はどの様にして動くのか!? 先の大震災でどのような ...

3

貨物を輸出する時、必ず作らなければいけないインボイスとパッキングリスト 単なる請求書でしょ!と思わないでください 貿易では税関での審査をそれぞれ出す国と入る国で行わなければなりません。 それぞれの国で ...

-日本の物流ニュース, 物流BCP, 物流ニュース

© 2020 物流手帖