社員紹介

タイで活躍している 前浜 盛正さん

投稿日:

前浜 盛正

ASUTO GLOBAL LOGISTICS(Thailand) MANAGING DIRECTOR

~略歴~

職歴
1986年
IT会社に入社 ホテル・銀行・アパレル・雑貨・・・など様々なシステムを構築

1995年

大手引越会社に転職、ドライバーからはじめ、営業を経て全店トップの支店長まで登りつめる。

2004年

ネオロジスティクス社(アスト中本の関連会社)へ入社

2013年

アスト中本 タイ法人設立、代表に就任

趣味
スポーツ、旅行

実績
大手銀行、大手ホテルなどのシステムを構築(IT会社)

引越では、営業成績で全店トップの最優秀賞を獲得し、支店長でも全店1位の成績を残す。(大手引越し会社)

現職では、ITと現場を融合させた物流改善に取りくみ、外部コンサルで成果を発揮。また、社内制度を整え、組織として動ける環境を構築。(ネオロジスティクス)

セミナー関連実績
北海道~九州まで中小企業の物流会社社長へ「これからの物流について」のセミナー

大阪・東京では荷主様向け「物流改善」セミナー 延べ10数回

マスコミ掲載経歴
アジアマーケットレビュー、日刊CARGO、U-MACHINE、Wise、Thai-MBA

~思いと学び~

〇ITの普及が遅れている業界にITを絡めた提案をすることで、一歩先に進むことができる。

〇ITだけではただの道具に過ぎず、使う人の教育も必要になる。

〇まずは、現場に入り現場の人たちと一緒に汗を流し心を通わせる。

〇心が通えば、一歩先の物流の話をしても興味を持ってもらえる。

〇IT=難しいというイメージを取り払うために、シンプルなシステムを構築。

〇ITの便利さがわかると、自分たちでもっとよい仕組みができないか考えるようになる。

〇最終的にはロジカルに現場を動かすことが効率化や改善につながるが、そこで働く
人たちのスキル・環境・スピードを考慮しないと改革はできない。

〇現場の人たちだけでソリューションができるようになれば、海外でも現地化が可能。

おすすめ記事一覧

1

物流といものを考える前に物流という概念はいつごろからでてきたのだろうか。 物流のルーツを知ることが、物流を知る第一歩になるので、物流の歴史を振り返ってみましょう。 この記事は物流を学んでいる人や、物流 ...

2

輸出入をしていないと、あまり接する機会のない海上コンテナ車、海外物流の担当になりたてで右も左もわからない人向けへのアドバイス 海上コンテナ車の種類を知っておこう 海上コンテナに色々な種類がある様に、コ ...

-社員紹介
-

Copyright© 物流手帖 , 2018 All Rights Reserved.